PTAの役員の任務が終わりました

昨年度(平成27年度)に小学校のPTAの理事にとして活動していましたが、

本日、新年度のPTA総会があり任務が終了となりました。

 

思い返せば、この1年色々なことがあり、振り返ってしまいました。

 

何もわからず、任務が始まったばかりの丁度1年前のPTA総会で、紹介されたところからです。

 

4月には、お祭りがあり、私の担当の地区では、その時に子ども神輿を行います。

一昨年までは、樽に子どもたちが作った花を飾った花神輿を使っていましたが、

子どもたちが担ぐには、重くてすぐ大人の手を借りることになっていたため、

段ボール製のお神輿を購入し、いよいよ本番。

 

ワッショイ、ワッショイと始まってしばらくしたら、担ぎ棒が折れてしまいました。

やはり、段ボール製では弱いのか?と言っていても仕方がない。

地区の役員の方が、すぐに角材で補強し、予定の順路を回ることができました。

 

知恵を出し、行動することで子供たちの喜んだ顔を復活させることができました。

次は、植物の苗を配って、子供たちに育てる気持ちと行動を起こしてもらうという企画。

配ったのは、イチゴ、落花生やミニトマト等の苗です。

ちゃんと育てることはできたのかなあ。聴いてみたいです。

 

地区の夏まつりでは、綿あめ作りの担当になりましたが、機械の調子が悪く、普通だと

頭の大きさくらいのができるのに、握りこぶしくらいのものしかできず、並んでくれた

スポンサーリンク

子供たちに申し訳なかったです。

 

秋には、リーダー研修会で遺跡見学に行きました。そこでは、国宝の土偶を見物したり、

粘土を使って土器作りをしたりしました。

 

土器づくりでは、粘土を細長く伸ばし、それを積み上げながら器を作り、思い思いの模様を描いていました。

私も一緒に作りましたが、子どもたちの方が上手だったと思います。

今、あるところに飾られていますが、恥ずかしい~!!

 

また、一昨年は中止になってしまった、お楽しみ会を行うことができ、一日思いっきり体を動かしての笑顔が

印象的でした。

お昼に食べたカレーライス、おいしかったよねー!

 

新年になって、この地域では恒例の三九郎(どんど焼きともいうそうです)。

点火の前に、餅つきを行い自分たちで搗いたお持ちのおしるこを食べました。

この時代になれば、臼と杵でお餅を搗くことはなかなかできないので、私も含め

貴重な経験ができたと思います。

 

この1年、たくさんの子供たちと触れ合うことができ、役員の皆さんとも知り合え、

PTA理事になった時には、不安や面倒くさいという気持ちが大きかったですが、

今となれば、地域の役員さんと力を合わせ色々な活動をし、いい経験ができたと思います。

 

少しでも、子どもたちの役に立てたならば幸せです。

明るい未来へ、大きくはばたけ!!

 

PTAの任務が終了しました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です